トップページ > 記事閲覧
看護師
日時: 2008/03/30 09:09
名前: 名無しのゴンベエ

総合病院の看護師の話です。
あまりの男癖の悪さにうんざりです。同僚看護師、ドクターだけでは飽き足らずナンパ師やチンピラまで股を開く淫乱振りに危険を感じたので捨てる事にしました。
確かにド淫乱なので遊ぶのには都合良くて楽しいのですが、あまりにも不特定の男と楽しむものですから。先日もケジラミをもらってパイパンにしてましたよ。ホテルには行ったけどセックスはしてないと言い張ってましたけど。旦那にはどんな言い訳したんだろ?
ある時は男と別れに行ったきり何時間も帰って来ないので話を聞いてもやってないとの事でした。でも髪を濡らしてたし裸にしても下着の跡が付いてないのはさっきまで裸で過ごしてからだろうな。淫乱と言ってはいるけど淫乱が聞いたら気を悪くするくらいのペースです。なんと表現したら良いんだろ?
しかし結婚前もやりまくって結婚後もやりまくり、旦那はどう思ってるんだろ?知人の女性看護師に聞くと学生時代からヤリマンで有名だったらしいですよ。
でも最近は情緒不安定で欝がひどいみたいで引きこもってるみたいです。欝の看護師に看護されてる患者さんも可哀相ですけど。持病で鎮痛剤でもヤリ過ぎたのかな?かなりキツ目の鎮痛剤を常用してたからね。
私の中では看護師のイメージは軽いの一言につきますね。頑張ってる看護師さんも居るんだろうけど、私が知ってる看護師はすぐにやらせてくれる女ばかりでしたね。
黒の車に乗った看護師は要注意だよゴム着用だよ。
メンテ

Page: 1 |

Re: 看護師 ( No.1 )
日時: 2007/11/18 09:53
名前: 名無しのゴンベエ

悩んでます。セクフレの看護師(既婚)に飽きました。結構巨乳でHな性格です。
ちょっとポチャなんですけど、デブってほどではありません。
でも、子供が3人いるので乳輪も大きく、乳首も少し大きめです。吸うには大きく
て吸いやすいですけど(笑)
携帯のメールで『あぁ〜なんかHな気分。画像送って』
って言うと、しばらくして本当にオッパイの画像を送ってきます。
なんか、マンネリなんでしょうか…メールするのもジャマクサイ
メンテ
Re: 看護師 ( No.2 )
日時: 2007/11/18 09:53
名前: 名無しのゴンベエ

入院中看護婦さんが体中を拭いてくれている時
体からイイ匂いがして思いっきり勃起してしまった。
すると黙って下着も下ろし暖かいタオルでくるむようにして抜いてくれた。
ビックリするやら嬉しいやらで久々に大興奮して溜まっていた精液が
タオルから溢れるほどドクドク出た。
やっと歩けるようになった日休憩室でフェラしてくれた彼女は今の奥さんです。
メンテ
Re: 看護師 ( No.4 )
日時: 2007/11/24 20:04
名前: 名無しのゴンベエ

長野県南部に住む23歳の看護師さんと出
張のついでに会う事になりました。
仕事のストレスが多いみたいで『誰かに凄く甘えたい』とメールで言ってい
ました。
嫌がってましたが白衣と白いパンストも持ってきてもらう約束でした。
だいぶメールで話をしてたので15分ほどドライブで緊張をほぐしてから当然
のような顔をしてスルッとホテルに入りました。
少しほぐれた状態でお互いシャワーに入り、渋るのをなだめ白衣に着替えて
貰ってベッドイン!
嬉しかったのは、ベッドでは外されちゃったけど、普段はあまりしないとい
うナースキャップも持ってきて着けて見せてくれてたことでした。
『ギュってして』と言う約束でしたので強く抱きしめ丁寧に丁寧にキス。
両方の耳を丁寧にツツッーと舐め、息をかけてあげれば彼女は色っぽい吐息
を吐きはじめました。
僕は何とか、病院でドクターがナースを誘惑してる気分になるよう一生懸命
イメージしましたw
耳の穴の中まで舌を入れて舐めてあげます。
白衣の上から、乳房を誉めながら手のひらで強くならないように何度も撫で
てあげます。
『今日は僕がドクターだから、診察してあげるよ』と言いながらボタンをは
ずすと『エッチなドクター』と言うので僕は笑いながら『じゃ、辞めよう
か?』というと『意地悪!』と言います。
『あれー、何でこんなに乳首がたってるのかなぁ?』とか言いながら、むし
ゃぶりつきたい気持ちを抑えて乳房の回り、肩なんかを丁寧に小刻みに舐め
てあげます。
そして、円を描くように乳首に近づいていくと、彼女は声をだしながら乳首
を僕の口から避けるように体をよじります。
まず、鼻の頭で乳首をツンツンすると声が一段と大きく『あっ、あっ、ん
っ、んっ』と我慢しきれず漏れます。
乳首を中心にして円を描くように舌で小刻みに舐めまわします。
舌先で触れるか触れないかでチロチロと先っちょを舐めるともう乳首は充血
してビンビンに堅くなっています。
上下に舐めたり、左右に舐めたりして散々舌で乳首を転がしながら、吸った
りペロペロしたりプルンプルンしたりしてやると『あ〜気持ちいいぃーー
ー』と素直に声をだします。
彼女は白いパンストにパンツもはいています。 パンスト越しに見える薄い
ピンクのレース付の可愛いパンツを見ると、わが○ンチンもズキンズキンと
きて『がまん汁』が出てるのが自分でもわかります。
白衣をまくり上げ、しばしパンスト姿を眺めながら『あ〜これからコレを脱
がせて舐めれる』と思っただけで嬉しくなります。
パンストの上から微かに局部を鼻の頭で何回も何回も軽く軽く擦り息をかけ
ながら、エッチな話をします。
患者さんにセクハラされた事、新人の頃にドクターに犯されそうになった事
など聞きながら撫で撫でをくりかえします。
パンストをゆっくり脱がせ、パンツをはかせたまま足を開かせてみました。
『あ〜、やっぱり凄いなぁ』って言うと『何が?』って言うんで『べトべト
やで』って言ってやると『いやぁ〜ん』と言って足を閉じようとしますが、
もう僕の肩にしっかりと両足は抱えられいて僕の目の前にうすい小さな布一
枚残してあそこの部分が来るようにしてあるので閉じられません。
パンツのマチの部分は二重になって愛液が沁み出にくくなってますが、その
周辺部分がベットリ湿っています。 
鼻の頭と舌でツンツン突っついたり、大事な部分に鼻から顔を全部埋めるよ
うにして首をブルブルと左右に振ってみたりして、余計にグチョグチョにし
てあげました。
彼女は『いやっ、やめて〜、やめて〜、あっ、ああぁぁぁ〜〜、恥ずかしい
〜』なんていいながら、めちゃくちゃ感じています。
いよいよ、白衣はお腹に残してパンツを脱がします。
まんぐり返しの形でお尻からすっぽりパンツをはがすとそこに、もうベトベ
トのお○んこがあらわになりました。
パンツの裏側を確かめるとマチの部分にタップリと愛液が。
彼女に見えるようにペロペロ舐めてズルズルとわざと音を立て全部吸ってい
ただきました。
『やだぁ〜、やめて〜、恥ずかしい〜』と叫んでますが関係ありません。
パンツは片足に残し、まず陰毛の生え際くらいを舐めまわしますが、陰毛は
濡れて皮膚にへばりついて凄く卑猥です。 
太ももの内側をチロチロと舐めながら、割れ目の状態を見ると光る液体にま
みれてる様がとてもエロくってたまりません。
クリトリスに向かうフリをしては、片方のビラビラの横を舐め、また反対側
を舐めたりしてると、もうたまらないようでお尻を振ってクリトリスを僕の
鼻に擦りつけてきます。
少し興奮してめくれているクリトリスに鼻を近づけると、陰毛に付いた愛液
が僕の顔中をぬらします。
『何でこんなに濡れてるんだろう、おかしいから診察しようね』って言うと
『そんなに見ないで〜恥ずかしい』と叫んでいます。
割れ目から湧き出るぬるっとしたその液体を口の中で少し味わいながら、ま
ずはクリトリスの回りをツンツンと舌先でつつくと『ああぁー、もうだめ〜
早く舐めて〜〜!』と彼女はついに恥ずかしい本音を発しました。
クリトリスを舌の先で軽く小刻みにチロチロって舐めては止め、またペロペ
ロって舐めては止めを繰り返すたびに『はぁー、ああぁぁー、気持ちいい
っ』と言ってビクンビクンと体が波打ちます。
舐めるのを止める度に、不満そうな声を出していますが、クリトリスは舐め
続けるより少し休ませながら舐めると感じるんです。
ちょっと強めにコリコリっというふうにクリトリスを舐めたりビラビラを唇
ではさんだり引っ張ったりしてまたクリトリスにもどり・・・
割れ目に沿って下から上に強めに舐めた時、狙い通り口の中にトロリと愛液
が入り、思わず口の中でぐるぐると回して味わいゴクリと飲んでしまいまし
た。
独特の塩味の液体と膣の中の酸味が大好きです。  味わってる間は彼女の
声は止まり、息だけがはずんでいます。
また鼻でツンツン、舌先でチロチロ、舌で上下にペロペロ、左右にレロレ
ロ、舌でクリトリスを引っ掛けるようにプルンプルン、舌に少し力入れて回
すようにグリグリ、クリトリスをコリコリッ、舌全体で膣の辺りから割れ目
に沿ってクリトリスまでの間を大きくベロンベローンとなめ上げた時に声が
一段と大きくなりだしました。
この舐め方は、ひと舐めで鼻の頭と舌先でクリトリスに2回刺激がつたわり
ます。
これが相当気持ちいいみたいで『いやん、あっ、ああああっ、あっ、あう
っ、それっ、あっ』と大声をだしています。
今度はクリトリスを剥き出すために優しく吸い付き、その唇の間から出した
舌でクリトリスを直撃しました。
そしてクリトリスにアクセントつけて縦にコリコリッ、左右にレロレロ、今
度は舌全体で強めに下から上へ舐めあげるのを繰り返してた時、先ほどより
大きな声で『やぁぁ、ああああああぁぁぁぁーー』と叫んで、体がガクガク
と痙攣し、彼女が暴れはじめました。
足を閉じようとして僕の顔が挟まります。  あまり顔がきつく締まるの
で、お仕置きで舐めるのをストップします。
彼女は『はぁはぁ』と息をしながら、足の力を緩め『何で舐めてくれないの
か』という顔で僕を見ます。
今度はしっかり両足を抱えて間に入り、イケるように舐めるスピードを速め
てあげました。
『…あっ…はぁ、はぁ、…やっ…いぃっ…あんっ、いいよぉ…、っくぅ…や
ぁん…だめぇ…あぁん、ぁあ、あぁぁ…ああぁぁぁん、イクっ、イクっ、い
っちゃう、いや〜あぁぁ…』と泣きそうな声をだしたかと思うと一瞬息が止
まったような感じで低いウメキとともに彼女は静かになりました。
彼女のお○んこは僕の唾液と彼女の愛液でまみれグチョグチョです。
その時点で僕のチン○ンは充分な大きさと堅さに達していて、もう我慢汁で
ベットリです。
今度はいよいよ人形のように動かない彼女の割れ目に僕のチン○ンをあてが
い、ゆっくり浅〜く埋めてあげると微かに甘い声が小さくしましたが彼女は
反応がイマイチです。
微かに『もうダメ』というので、仕方ないので深く埋めてその状態が気持ち
いいのでそのまま動かないことにしました。
僕のチ○チンは彼女の中に根元までスッポリと入っています。
深く埋めた時に、彼女は深いため息のような声で『はぁぁぁぁ〜』と気持ち
よさそうな声を出しましたが僕は動きません。
彼女の下腹が小刻みに震えているので、それだけで気持ちがいい。
しばらくその感触を味わい、ゆっくりと深く突き、基本は浅く出し入れし、
また深く突くというのをリズミカルにゆっくり根気良く繰り返して楽しんで
いると、ほとんど反応の鈍かった彼女の息が急に荒くなってきました。
浅く4回、深く1回、浅く3回、深く2回と優しく突いていると『あっ、ま
たっ、またっ・・・』と瀕死の声を出しはじめました。
『あっ、またイッちゃうー』と言い出したんで、少し早めにピストン運動を
し『やっ、やっ、何で、あっ、ああああああぁぁぅぅぅぅぅーーー』という
彼女の感じる声に僕が感じてしまい、不覚にも先にゴムの中に大量放出して
しまいました。
彼女がイケる寸前のようなので、そのままやめたいのを我慢して下腹を突き
出して擦ってあげると数秒後に遅れて彼女はその日の2回目の絶頂を迎えま
した。
同時にイク事はできませんでしたが、何とか2回目イカせてあげる事ができ
ました。
女の子の体はデリケートだからあのゆっくりの動きが案外よかったようで
す。
小さくなりかけの○ンチンから精液が漏れないようにゴムの付け根を指で押
さえて抜きました。
彼女を抱き寄せ、ギュってしてあげて何度もキスして髪を撫ぜてあげまし
た。
しばらくして、彼女から『すっごく気持ちよかった・・・。久しぶりに深く
イケたよ、それもイッたのにまたすぐに・・・。 それにあの舐め舐めは初
めての感覚だけどあんなに気持ちいいと思わなかった、意外だった。 ほん
とに上手いね』とお褒めをいただきました。
そして帰りに『お腹すいたね』と言うことで一緒に鍋を食べに行き、仕事の
悩みなどを聞いてあげながら充実した一日を過ごしました。
『また長野に来た時は舐めてイカせてね』と次の約束までも。
女の子がこれだけ感じて喜んでくれたら、男はほんと幸せですよね。 
僕は女の子の外見よりも、イク時のあの気持ちよさそうな表情や声がとても
好きでその可愛さで満足してしまいます。
メンテ
Re: 看護師 ( No.5 )
日時: 2007/12/06 21:25
名前: 名無しのゴンベエ

入院中看護婦さんが体中を拭いてくれている時
体からイイ匂いがして思いっきり勃起してしまった。
すると黙って下着も下ろし暖かいタオルでくるむようにして抜いてくれた。
ビックリするやら嬉しいやらで久々に大興奮して溜まっていた精液が
タオルから溢れるほどドクドク出た。
メンテ
Re: 看護師 ( No.6 )
日時: 2007/12/06 21:27
名前: 名無しのゴンベエ

盆栽の町の病院に勤務する看護師の話です。
女はミユキ(仮名)、まさに淫乱の二文字が似合う女です。病院では入院患者に偉そうに振る舞ってるようですが、一度病院を出ると男の事しか考えてない女です。亭主のいる身ながら長年数人の男と不倫に明け暮れ、その間にも男と遊ぶ淫乱ぶりです。
私とミユキが知り合ったのは友人の看護師にカラオケボックスに呼ばれた時に居合わせました。酒が入るにつれ淫乱の本領発揮とばかり私に抱きついてきたりしなだれかかってきました。私も理性が飛んでしまいキスしたり小さい胸を触りまくりました。友人からミユキを送るように言われ車で走り始めましたが、このまま帰るのはもったい無い気がして港に車を止めて続きを始めました。
スカートに手を入れた途端『生理だから口でしてあげる。』と言われ身を任せました。淫乱の名に相応しくむしゃぶりつくようなフェラでした。下腹部が涎でベトベトになるほどでした。私が射精すると喉を鳴らして飲み込み『美味しかった!次はホテルに行こうね。』と言われ連絡先を交換しました。
しばらくして『生理終わったよ、デートしようか?』とメールが来ました。私に文句などなくデートを約束しました。デートと言っても待ち合わせ場所からホテルに直行でした。ミユキはやりたくてたまらなかったらしくソファに座った私の下腹部を早くも触ってました。勃起を確認すると『舐めてもいいぃ?』と言うが早いかベルトを外しチャックを下ろしてました。下着からチンポを取り出すと『はぁ、良い匂い。』とうっとりした顔で舐め始めました。
よく見ると舐めながら自分でマンコを触ってました。チンポがギンギンになると『入れてもいいぃ?』と言うと自分で下着を脱いで股がってきました。コンドームを付ける間も無くマンコに納めました。
マンコは淫乱だからかヤリマンだからかユルユルでした。おまけにビショ濡れだから摩擦感が無くイマイチでした。これではイケないと思いバックに体勢を変えアナルを揉み解しました。アナルの経験も豊富らしくすぐに臨戦体勢になりました。コンドームを付けてアナルに突っ込んでやると奇声に近い喘ぎ声をあげました。そして白目を剥いて失神し、マンコからは潮を吹いたのかシーツはビッショリでした。コンドームを外し中の精液を顔にかけてやると指で集めて美味しそうに舐めてました。
その顔が正に淫乱でした。
メンテ
Re: 看護師 ( No.8 )
日時: 2007/12/09 07:41
名前: 名無しのゴンベエ

先月まで交通事故で両手骨折&右足骨折で入院してました
担当に可愛い看護婦さんが付きました!
下の世話からいっさいその看護婦さんが援助してくれました
おしっこは管が入っているのでいつでも出来るのですが
大きい方はさすがに手を借りないと始末できないので^^
我慢してたら漏らしちゃいました(汗
このままでは仕方ないのでナースコールをそうしたら担当の看護婦さんが
どうしましたかと可愛い笑顔で着てくれました顔を赤くして漏らしちゃいました
と言ったら嫌な顔をせず丁寧に拭いてくれました!
我慢してちゃ駄目ですよとしたいときは何時でも言ってねと首を傾げて言ってくれ
ました
お風呂へも入るときも体から色々と洗ってくれました!
ある時お風呂場での出来事ですが^^
両手骨折でギブスをしていたので溜まりに溜まっていてあそこを洗ってくれてると
きに勃起してしまいました
それを見て看護婦さんがおっきくなっちゃって溜まってるのと言いました
ハイと答えたらフェラしてくれました
凄く気持ちよくてすぐ果ててしまいました
彼女の口の中には大量の濃いザーメンをだしました
彼女は大量のザーメンを飲んじゃいました
今は退院してリハビリ中ですその看護婦さんとは会えません
夢のような一時でした
メンテ
Re: 看護師 ( No.9 )
日時: 2007/12/09 07:51
名前: 名無しのゴンベエ

入院している時に、看護婦さんに抜いて貰いました。
幾ら怪我してても男は男だから、ムラムラするし発散したくなる。
エロ本でおかずにしている時に、看護婦に見つかった。
「ちょっとなにしてんの?」と言われ、「隣りのお爺ちゃんも寝てるから静かにして」と言われ、本を取られ「若いのは判るけど我慢して」と言われたが、「寝れない」と話すと「出したら寝る?」と聞かれて、頷くと「他の患者にはいわないでよ」と言われ頷くと、「ちょっと待ってね」と数分。
ウェットティッシュを持って来て、布団を上げるとパジャマを下げて俺のモノを拭いた。
「大人しく寝なさいね」と言うと、ゆっくりと生暖かい舌で舐められ、ゆっくりと口の中で吸われた。
「ウッ…アッ」と声を上げると「静かにして」と言われ、ジュッポジュッポととしゃぶって来て気持ち良かった。 「かなり敏感になってるわね」と言われ筋や袋も舐めて来て、絶妙な技でした。
そして激しくしゃぶられているうちに、限界が来ると「アッ!」と小声を上げると口の中で堪ったモノを一気に放射しました。
少しむせててゆっくりと口を離すと、ティッシュで口の回りを拭いてた。
「気持ち良かった?」と言われ頷くと「フフッ…」と笑いながら「相当堪ったね」と言われた。 その後一回口でしてもらいましたが上手かった。
メンテ
Re: 看護師 ( No.10 )
日時: 2007/12/09 08:05
名前: 名無しのゴンベエ

何年か前ですが事故で足を骨折しK県Y市の大きい病院に入院しました。
自分が20のときで、看護婦は25〜主任でも30と若めの人ばっかり!
ベッドから動けなかったので、朝は暖めたタオルが配られ自分で体を拭くの
ですが、主任さんは勝手にカーテンを開けて入ってきました。
ちょうどチ○ポを拭いてた時で焦ってたら「拭きにくいとこは拭いてあげる
よ」って言って優しく拭いてくれました!相部屋だったので他の患者にバレ
ないかドキドキ!でも主任さんはわざと「体が固定されてると背中拭くの大
変でしょ?」なんて言って回りに分からないようにして優しくチ○コを拭い
てくれて・・・。
当然何日も抜いてないのでビンビンです! それを見て耳元で「絶対内緒だ
からね」って言ってイクまでしごいてくれました。
なぜか足の痛みなんか忘れて快感に酔いしれました。性欲って凄いですね!
ナースステーションの中では男の患者なんてイイ話のネタで、もちろん僕も
ネタになってました。
その夜、25の長○さんが深夜勤で巡回に来て、足のアイスノンを交換して
くれてました。 チョット痛くて起きた時、「ごめんねごめんね痛かっ
た?」って超〜顔を近づけて僕を覗き込んできて、頭ナデナデしながら「痛
いの我慢出来なかったら痛み止めあげるからねっ」て、大丈夫って答えると
何故か無言で・・そん時真っ暗で懐中電灯の明かりに映った長○さんが凄い
可愛くて思わずキスしちゃいました。 怒られると思ったら「コ〜ラだめで
しょ!彼女いるんでしょ?」なんて言ってきて、でも優しいからキスしたく
なちゃったって言ったら、「怪我してるのにHなこと言ってちゃダメじゃん」
って言って何度もフレンチキスしてくれました。「603室の○野君はHな子
ってみんな言ってるよ〜」なんて言われて、絶対主任がバラしたとしか思え
ない!
キスだけで終わってしまい、やっぱ我慢出来なくて自分でいじってたら「痛
み止め持って来たよ」って長○さんが戻ってきました。 しかも痛み止めは
座薬で、さすがに恥ずかしくて要らないって言っても、「これが一番効くか
ら」って、右足を上げられおしりにワセリンを塗られて入れられちゃいまし
た。その時は恥ずかしさのあまり本当に嫌だったのですが、暗闇の中で懐中
電灯の明かりに映る光景が凄いいやらしくて、またビンビンになちゃいまし
た。 「やっぱり○野君Hな子だ〜」って、またキスをいっぱいしてくれて、
頭ナデナデしてれました。でもその日はチ○コは触ってくれませんでした。
3日後の深夜勤でまた長○さんが来たときに、可愛いを連発して、キスをね
だったらいっぱいしてくれて、本当に我慢出来なくて腰を右手で抱え込ん
で、左手で胸元のボタンを外しにかかったろ「ダメでしょダメでしょ」って
小声で言うだけで逃げようともしないので、「お願い見せて」って何度も繰
り返してブラを見せてもらいました。白のナース服の下に淡いピンクの少し
だけフリルの付いたブラでした。 懐中電灯に映ったナース服の中に白い肌
とピンクのブラ・・・。今でも鮮明に思い出せます。
もうプライドも何も捨て「お願いお願い」を連発し、ブラを捲り綺麗なBカッ
プの胸を吸いまくりました!右手で抱き寄せオッパイが僕の顔に覆いかぶさ
る体勢にして、血管が浮き出る位白い肌とピンクの乳首に赤ちゃんみたいに
吸い付きました。長○さんは黙って僕の頭をナデナデしてくれてます。 
女が濡れる位に先走り汁でチ○コが濡れまくって、あまった左手で自分の下
着(入院中はふんどしみたいな紐ですぐ脱げるガーゼパンツ)を脱ぎ、長○
さんの右手をあそこに持っていくと、優しく手の平でさすってくれました。
すでにビショビショに濡れていたので、ヌルヌルした感触と長○さんの小さ
な手で感じまくりました!
暗い病室に二人の鼻息だけが響いて、それが凄いいやらしくて・・・。長○
さんの胸に顔を埋めたまま5分も持たずにイッてしまいました。
「他の看護婦さんにはHな事頼んじゃダメだよ。変な事言うと病院から出され
ちゃうよ」って少し怒られました。 僕は長○さん可愛いくて大好きだか
ら、Hな事他の人には言わないから、長○さんのパンツ欲しいって言うと、一
度ナースステーションに戻り、脱いだパンツを持ってきて「Hなことしたくな
ったらこれで我慢しなね」って手渡し勤務に戻りました・・・。ブラとおそ
ろの淡いピンクのパンツで、アソコの部分はべっとり濡れていました。長○
さんも感じてたんだって思うと嬉しくて、アソコの部分の匂いを嗅いでヌル
っとした物を舐めまくってオナしちゃいました。 
それから3日に一回の深夜勤の度、僕は子供になって長○さんの綺麗なオッ
パイに顔を埋め、優しい手コキでイキ続けました。そのたびにパンツを交換
してくれて、次の深夜勤まではそれをおかずにオナしまくってました。
結局オッパイ以外は拒否されて触れなかったけど、僕の中では忘れられない
体験でした。でも、ずっと童貞でオッパイも見た事無いって嘘付いててごめ
んなさい。
他の看護婦との話もあるので、それがばれないか心配でしたが皆黙っててく
れました。聞きたい人いましたらまた書きます。
女性に対して男はプライド持って強く見せなきゃダメだって思ってたんです
けど、素直になって子供になるのもありなんだって、それからは考え方が変
わりました。
皆さんにどう思われても構いませんが、本当の話です。
長○さんとは今も付き合っています、でも彼女ではなく僕のお姉ちゃんにな
ってくれました。彼女になって欲しいけど、でも毎日幸せです。長○さん大
好きだよ。。。

メンテ
Re: 看護師 ( No.11 )
日時: 2007/12/09 08:06
名前: 名無しのゴンベエ

私が足を骨折して入院中のことです。階段でこけたのですが、打ちどころが
悪く、膝の複雑骨折で手術を受けました。痛みも1週間するとなくなり、足
以外は元気なので、他の入院患者とどの看護婦がかわいいなどと、馬鹿話を
していました。実のところ私は看護婦にはあまり興味がありませんでした。
それは他に気になる女性がいたからです。
手術から10日ぐらいして隣に品のいいおじいさんが腰の打撲で入院してき
ました。
その時に一緒に付き添いで来た女性に目を奪われました。清楚な奥様の感じ
で、それでいて色っぽく、スカートから見える足はきれいで、セミロングの
髪が揺れ、スタイル抜群の女性でした。話からおじいさんの娘のようでし
た。初日は挨拶程度でしたが、隣だということもあって、見舞いに来るたび
私と楽しくおしゃべりしていました。雰囲気的に下ネタは言えず、当たり障
りのない話しか出来ませんでした。それから4,5日して私が抜糸して結構
動けるようになったとき、病院のロビーで松葉杖をついて歩いているとき
に、娘さんがお見舞いに見えました。散歩ですかなんて聞かれたので、たま
には外の空気を吸いにいこうと思ってと言うと、ご一緒しましょうかと並ん
できました。わざとじゃないんだけど、自動ドアを通るときに松葉杖がひっ
かかりよろけてしまい、彼女に抱きかかえられ、こけるのを防いでもらい抱
きかかえられました。いい香りとふくよかな胸が触れ、それだけでチンポが
ビンビンになりました。いつも父が親切にしていただいてありがとうござい
ますなんて言われながら、病院の敷地内のはずれのベンチに座り、彼女の身
の上話を聞きました。結婚して3年で、まだ子供が出来ず、ご主人の両親と
同居していて、自分の両親は、母親が去年亡くなり、父親は近くの老人ホー
ムに入居していての今回の怪我らしく、わざわざ隣の県から身の回りの世話
に来ているとの事でした。実家はそのまま残っていて、たまに帰っているそ
うです。姑とはうまくいかず、旦那も仕事仕事でかまってもらえず、つまら
ない毎日を過ごしているそうです。二人きりになっておしゃべりしている横
顔は寂しそうで、思わず抱きしめそうになりました。うつむき加減で話をし
ているときに、彼女の目が私の前のふくらみに気づいたようで、一瞬言葉が
つまり、耳元で溜まっているんでしょう、といってジャージの上から触って
くれました。私はいいんですかといいながらジャージの中に彼女の手を入れ
ました。すっかり大きくなっちゃってといいながら、左手で握り、右手でジ
ャージを下げ、チンポを出して咥えてきました。舌でカリの部分を舐めまわ
して、左手で擦ってくれたので久々ですぐイキそうになりました。私は右手
で彼女のスカートの中に手を入れパンテイの上から触り、少しずらしてオマ
ンコを直接触りました。もちろんヌルヌルで、中指を少し穴にいれると、彼
女のフェラにも加速がついてがまんできなくなりました。もういくよという
と口をはずして飲んであげるからと言ってもう一度咥えてくれて、はげしく
口と手を動かされたので、すぐイッテしまいました。ドクドクという感じで
彼女の口にたっぷりと放出してしまいました。それを彼女はすべて飲んでく
れそのあと口できれいにしてくれました。ハンカチで口をふきながら、たく
さん出たわねと微笑んでくれました。私のあそこも濡れているから拭いてこ
なくちゃと言い、後でねと病院の方へ戻っていきました。私は一人、右手の
甘い香りを嗅いで、それを舐めて余韻を楽しんでいました。病室に戻るとお
じいさんのベットの横に座って、ロッカーの整理をしていました。軽く会釈
を交わしたときに、ウインクをしてきたので私も返しました。帰り際に私の
ベッドにメモ用紙をそっとおいて、お大事にと帰っていきました。メモ用紙
には携帯番号とメルアド、連絡下さい、と一言書いてありました。病室から
携帯をかけると駄目なので、メールでうれしいなんて入れると、もう一つの
病棟の1階の身障者用のトイレまで来てと返事がありました。さあリハビリ
でもしようと言いながら、いそいそと渡り廊下を通り、エレベーターにのり
ました。トイレの前に来ると柱の影から彼女が出てきて、身障者用のトイレ
にすばやく二人で入りました。ごめんなさいね、私が我慢できなくて、と言
いながら壁に押し付けられキスをしてきました。私は松葉杖をついているの
でされるがままでした。便器の上に腰掛させられ、ジャージを脱がされ、フ
ェラチオのスタートです。先ほどいイっているにもかかわらず、すぐ大きく
なり、このカリの部分が大きくて良いのよと言いながら、立ち上がりスカー
トを上げ、赤のTバックパンテイをオマンコ辺りで横にずらし、私にまたが
ってきて、足痛くないですかと言いながら、チンポにあてがって腰を落とし
てきました。ぬるっとした感触ですぐチンポ全体が暖かくなりました。あー
いいっ、と言いながら、左手を首に回し、右手で自分のブラウスのボタンを
はずして、パンテイとおそろいの赤のブラジャーを上げ、乳首を口にあてが
ってきたので、左の乳首を咥え、右側の乳首は右手で摘まみました。少し乳
首を甘噛みすると、腰の動きが激しくなり、おまんこの土手が強くチンポの
根元の当たり、中でおまんこの上側を私のチンポのカリがこすっているよう
で、もう私だめーと言いながら、抱きついてきたので、私も我慢できずイク
ッといい下から突き上げると、イクッと言ってオマンコが強烈に締まってき
たと同時に私も精子を放出しました。彼女のオマンコが2度3度収縮するの
に合わせて私もイキマシタ。しばらくそのまま体制で抱き合っていました。
ふと彼女が我に帰り、足のほうは大丈夫ですか、といいながらチンポを抑え
ながら、オマンコから抜き、私の上からおりると、ああ流れてきたわと言い
急いでペーパーをオマンコにあて拭いていました。私はチンポを出したまま
彼女を見ていました。彼女はオマンコを拭き終わると、私のチンポを口でき
れいに嘗め回してくれたので、また私のチンポが大きくなり、ホント、元気
なんだからと笑いながら、また今度ねと最後に、チュッとしてジャージにし
まわれてしまいました。トイレから出るときはちょうど夕食の時間だったの
で、誰にもばれずに出ることが出来ました。今度は外泊届を出すからゆっく
りしましょうと言うと、顔を輝かせて、お願いしますと頭を下げ帰って行き
ました。
それから父親の見舞いに来るたび、携帯で連絡をとり1階のロビーや喫茶室
で個人的な話はできましたが人目もあるので、なかなかいちゃいちゃできま
せんでした。人妻だからのべつくまなくメールできるはずもなく、私は悶々
としていました。いろんな体位でやりたい一心でリハビリに精を出しました
が、外泊許可がなかなか下りず、彼女も残念がっていました。ある日、3時
ごろお風呂に一番に入って、隣のコンビニにビールを買いに行って
病院の反対側で飲んでいると後ろから声をかけられ、びっくりして振り向く
と、彼女がいました。一時間ぐらい前に、今日行くからとメールを入れたの
に、返事が来ないから心配していたとの事でした。病院の前にきたら私が松
葉杖をついてコンビニに入っていくのが見えたので、駐車場に入れず来てく
れたのでした。お風呂に入っていたので、携帯を見なかったと言い訳をし
て、彼女の車の後部座席に乗り込みました。ホテルに行く時間はないので、
近くの公園の木陰に車を止め、後部座席に来ると、お互い久しぶりのデイー
プキスからSEXをはじめました。幸いスモークガラスで、外からは見えな
いので彼女も大胆で
自分で真っ裸になって、私の服も脱がしてくれました。私が主導権を握ろう
と思ったのですが、彼女から私の胸を愛撫してきたので、結局私が下になり
ました。チンポや玉を丹念にしゃぶっているときに、お尻をこちらに向けて
もらって、69の体制になりやっと彼女のオマンコを愛撫することが出来ま
した。クリを舌の先で舐め、口全体で舐めまわし、穴に舌の先を突っ込む
と、フェラをやめて、めちゃくちゃうまいのね、とぞくぞくするような顔を
向けて、身体の向きを変え、チンポを掴んでオマンコにあてがい、腰を落と
してきました。私のチンポはギンギンで彼女のオマンコを突き刺す感じで入
っていきました。下から両手でおっぱいを鷲掴みして揉みほぐし、腰をした
から突き上げ、彼女にいい声を出させました。先に彼女を2回イカせてか
ら、3回目にいくときに一緒にイキマシタ。彼女が足を怪我しているのにこ
んなに元気なんだから、治ったら私の身体はもたないかもね、と言うから、
あなたの淫乱さには負けますよと言い返しました。前回もそうでしたが、中
だしで大丈夫と聞くと、安全日だからいいのよ、と。私に服を着せて、自分
も服装をととのえ、パンテイだけは履かせず、コンビにまで送らせました。
病室まで戻ると、彼女が父親に明日から2,3日来れないから今日来たのよ
と言っている最中でした。私は軽く会釈をして自分のベットに横になりまし
た。父親の背中のタオルを変える時に、父親を向こう側に向けさせ、私にお
尻を向けたときに、スカートの中に手を突っ込み、オマンコを触りました。
彼女は平然と作業を続けていました。さあ、これで良いわと私に知らせるよ
うにいい、父親を仰向けにしました。手の匂いを嗅ぐ自分の精子のにおいが
しました。
彼女はお大事にと帰っていきました。メールに今日は急ぐから、じゃーね、
と入ってきました。それから数日、メールも来ないし、見舞いにも来ません
でした。2,3日して娘さに頼まれたという施設の人が洗濯物や着替えを持
ってきました。おじいさんに娘さんはと聞くと忙しいみたいで、と言葉を濁
したのでしつこく聞けず心配でした。よっぽど携帯に電話を入れようかとも
おもいましたが、迷惑をかけても嫌なので、何もしませんでした。
それから1ヶ月ほどは顔を見せず、おじいさん(彼女の父親)の退院の時も
施設のおばさんが病室のみんなでと菓子折りを持ってきました。おじいさん
も何とか自力で歩けるようになり、施設に戻って行きました。彼女からは何
の連絡もなく私の退院の日がやって来ました。私もリハビリをがんばったの
で、以前と変わらず歩けるようになり、膝も曲がり、元気になりました。退
院した翌日の夕方に彼女から電話があり、近くまできたから家までの道を教
えてと、言われ急いで近くまで迎えに行きました。久々に顔を見て涙が出て
きました。部屋に入るなり、思い切り抱きしめ、キスをしました。夕食の材
料とワインを持ってきたから、退院祝いをしましょうと、裸でエプロン姿に
なって料理を始めました。後ろからいたづらしようとしたら、後でゆっくり
しましょうね、と軽くかわされてしまいました。ここ一ヶ月半ぐらいのいき
さつは、離婚調停、引越しなどがあり、父親を心配させたくないのと、私に
も迷惑をかけたくないので連絡をしなかったそうです。しばらく付き合って
くれる、と聞くので二つ返事でOKしました。それからは同棲して現在に至
っています。毎晩最高のSEXで、仕事も復帰して、回りから以前よりがん
ばっているねと言われています。怪我をして最高の彼女を見つけました。元
旦那はチンポが小さく、下手で感じさせてはくれず、マザコンで、彼女の父
親の見舞いにも来ず、いらいらしてストレスがいっぱいの時に私と出会った
そうです。足が不自由な私をからかってストレスの解消をしたら本気になっ
ちゃっただって!初めてトイレでやったときの子供が彼女のお腹にいます。
これからははげしいSEXは控えよう。
メンテ
Re: 看護師 ( No.12 )
日時: 2007/12/09 08:09
名前: 名無しのゴンベエ

僕が体調を崩し、姉貴の勤める病院へ入院しました
オナニーをするのが日課となってたのですが入院中は我慢してました
入院から数日後、姉貴が来て「も〜ぅ、変な事しないでよね」って怒って僕に言う
のですが
僕には何の事かさっぱりわからなかったのです
どうも朝の検温の時に僕はまだ寝てたのですが、看護師に僕のパジャマのズボンの
前が膨らんでるのを見られたようです
我慢してたので朝だちしてたんです
その事がナーステーションで話題になったそうです
「由美子の弟のあそこは元気だよ」って
その夜、夜勤の看護師さんが僕の所へ来て
「調子はどう? 若いから仕方ないよね」
僕は恥かしくてもじもじしてると
「こっちへおいで」って屋上へ連れて行かれました
屋上へ着くと「ゆう君はエッチした事あるの?」と聞かれたので
「いいえ、した事無いです」と答えました
そしたら「溜まってるんでしょ? 私が出してあげよっか?」と言ったので
僕は驚きましたが溜まってたので素直に「うん」とうなずきました
すると看護師さんは僕のパジャマのズボンを下げ、おちんちんを手で握ってくれま
した
僕のは直ぐに固くなり、看護師さんは膝まずくと僕の勃起したおちんちんを舐めて
くれました
「こんな事された事がある?」と聞かれ
「いいえ、ありません」と答えると
「可愛いわ」と言って僕のおちんちんを口に咥え、激しくフェラされました
オナニーよりすごく気持ちいいのですぐに出そうになりました
僕が「出ちゃう」と言うと看護師さんは口から離し手でしごきながら
「いいのよ、口の中に出して」と言って
また口に咥えられ喉の奥まで咥えられた時、僕の我慢は限界で
「出る・・・・」と言って 看護師さんの口の中へ溜まっていたザーメンを吐き出
しました
看護師さんは「この事はお姉さんには内緒ね」
「退院までには私が体験させてあげるから」と約束をして部屋へ帰りました
次の日は違う看護師さんが来て昨日と同じようにフェラで出してくれました
看護師さんって優しいんですね
でも、うちの姉貴も他の患者にフェラしてるのかな・・・・って思っちゃいました
メンテ
Re: 看護師 ( No.13 )
日時: 2008/02/17 12:24
名前: 名無しのゴンベエ

足の骨折で入院した病院でのこと。
手術を終えてギブスとなりリハビリを始める。
足以外は健康体であり仕事柄、話題も多くいつのまにか6人部屋の中心となっていた。
見舞いの友人も遠方からも来ていたので面会時間をオーバーすることが多く、看護婦にマークされていた。
夜間の巡回で看護婦に「ごめんね」と先に謝る。
「人気者ですね」と言われ満更でもない。
ベッドの周りがカーテンで覆われていることもあって身体の向きを変えるふりをして胸の膨らみに手の甲を当てる。
脇に差し込んだ体温計を計る時、顔が近づくのチャンスと身体を起す仕草をする。
狙いは的中、看護婦の唇を奪う形となる。
手を看護婦の背中に回し引き寄せる。
周りの患者への気遣いか激しくは拒否しない。
無理やり唇をこじあけ舌を絡め取る。
別の手で白衣のボタンを外しブラジャーで覆い隠されている乳房を揉みしごく。
看護婦は逃げないで自らも舌を絡め応戦し始めた。
ブラジャーをたくし上げ生乳に触れる。
ギブスの足、周りへの意識もあって乳房を舐めることは出来なかった。
作戦を変えて看護婦の手を股間に導く。
短パンであった為、すぐに生のPを握らせることが出来た。
看護婦にウインクすると「仕方がない」といった顔を見せながらも口に含んでくれた。
禁欲生活だった為か射精感に襲われすぐに爆発してしまう。
看護婦は精液を出すことも出来ず飲み込んでくれた。
この日はこれで終える。

数日後、日曜日の昼間、看護婦に風呂に入りたいと言うが「ギブスでは無理ね」と言いながらも「身体を拭いてあげる」と車椅子で浴室に入る。
入口に入浴中の札を掲げ、ドアに鍵を掛ける。
「これで大丈夫」と裸にして身体をタオルで拭いてくれた。
そして、唇を重ねてくる。
自ら白衣のボタンを外しブラジャーをたくし上げ乳房を顔に押し付けてくる。
思わず吸いまくる。
乳首を唇に挟む。
今度は白いストッキングとパンティを脱ぎ捨て後ろ向きになって白衣を捲る。
むっちりとした臀部が視線に留まる。
長椅子に仰向けに寝かせてもらい顔を跨いでもらう。
腰が下りてくる。
陰毛とピンクに染まった花弁が唇に触れる。
舌を伸ばし舐めていく。
淫汁が溢れ出る。
看護婦は身体の向きを変えPを花弁に挿入する。
元気なPは速射で爆発。
しかし、看護婦は離れない。
ギブスを気にしながら腰を動かしていく。
Pもすぐに硬さを取り戻す。
今度は看護婦が昇天。
すぐに身体を拭いて部屋に戻ったが退院まで関係を続けることになる。
その間、勤務の時は検温、処置など何度もベッドに足を運んで回りに気付かれないようキス、フェラをしてくれた。
休みの時は匂いの着いた使用済みのパンティを渡してくれた。

看護婦の名前は美奈子、当時22歳。
退院して1週間後、彼女の休みにどドライブに誘う。
観光せずモーテルに直行。
不自由でなくなった身体で看護婦を攻めつづけてやる。
捨てる寸前の白衣を着せレイプのような激しいセックスもする。
アヌスも犯した。
放尿も見る。
彼女が見合いで婚約するまで関係を続けるが一度もゴムを着けなかった。
メンテ
Re: 看護師 ( No.14 )
日時: 2008/02/24 12:15
名前: 名無しのゴンベエ

足の骨折で入院した時の事。
足の骨折以外悪いところは無かった為溜まってどうしようか悩んでいたら、当時同い年で仲良くなった看護婦A美が部屋の見回りに来て、
「何か困ってることは無い?」と聞いてきたので
「溜まってしょうがない!」とふざけて言うと
「じゃあ今夜Hな本持ってきてあげるね」
と言って部屋を出て行ってしまった。

夜も深まり12時を過ぎたころAが車椅子を持って現れ、
「夜のお散歩に行きましょう」と言って俺を部屋から連れ出した!
着いた先はみんなの部屋から離れた空き室だった。
部屋に入りベッドに俺を移すとA美は
「ココなら思う存分抜けるでしょ?」と言いながら俺のズボンをおろしはじめた。
「エロ本は?」と俺が聞くと
「あたしじゃダメ?」と言いながらフェラチオを始めた。
A美のフェラがあまりにも気持ちいいのと溜まっているせいですぐに射精感に襲われ、
「ごめん、もう出そう」と言うと
「口にいっぱい出していいよ」と言ってくれたのでそのまま口内発射してしまった。
A美は俺の精液を飲み干すと、
「私のも舐めて」と言ってショーツを脱ぎ俺の顔にまたがったのだ!
A美のオマンコはすでに濡れていて俺が舐め始めると
「あんっ、気持ちいい!」と言いながらまた俺のチンポを咥え始めたのだ。
しばらくするとA美が
「入れるね!」と言って俺のチンポをオマンコに押し当てゆっくりとオマンコの中に咥え始めた。
完全に入りきると自分から腰を動かして
「気持ちいい!奥まで入ってる!」
と言いながら感じているようだった。
A美のオマンコはとても締りがよく俺のチンポにまとわりついてきてまたすぐにイキそうになった。
俺は我慢できそうにも無かったので
「A美俺また出ちゃうよ」と言うとA美は
「一緒にいこう」といいながら腰の動きを激しくしてきた。
「ゴムつけてないよ」の問いに
「中でいいよ!中にいっぱい出して!」
と言うのでA美がイクのと同時にA美のオマンコに精液を送り込んだ。

するとA美は俺のチンポを綺麗に舐めてくれた。
A美の舐め方がとても気持ちよくてまた勃起してしまったら
「もう一回しようよ!」と言って来たので、今度は俺が主導権を取りたかったがギブスのせいで正常位は無理なので立ちバックにすることにした。
A美を後ろから突き始めるとまた違った締め付け感がありまたすぐに精液放出をしてしまった。
俺はまだまだやりたかったので
「もう一回ダメ?」と聞くと
「いいよ、もっとして!」と言って来た。
俺はそのまま後ろから着き始め、途中でA美をベッド端に横にさせ俺は立ったままオマンコに入れることにした。
A美の足を俺の肩にかけ腰を動かし始めるとA美はメチャ感じるらしく途中何度もイッていた。
俺も3度目の射精を終えA美のオマンコからチンポを抜きA美のオマンコを眺めていると、3回分の精液が割れ目から溢れ出してきた!
するとA美が
「出てきちゃった!Rのおちんちんで栓をして!」
と言うので俺はチンポで栓をした。

この後は言うまでも無く4回戦5回戦と続いたのはもちろんのことである。
気がつけば外は結構明るくなっていて、ナースステーションでは俺がいなくなったと探し始める寸前だった。
メンテ
Re: 看護師 ( No.15 )
日時: 2008/04/15 22:55
名前: 名無しのゴンベエ

3年前に、バイク事故で右足と右腕を骨折して横浜の某病院に
救急車で搬送されて入院した時です。
手術も成功し2週間した頃、オバサン婦長に気に入られたみたいで
『娘がいけば貴方にもらって欲しいけど、あいにく娘はいないのよ。
貴方、独身でしょ?彼女いるの?いないなら看護士を紹介しようか?』
いないと告げると『どの子が、お気に入り?』と言われたので
○○さんが好みかな?と言うと
『あ〜あの子は彼氏いないから聞いてみるね!』と・・・
次の日になったら婦長が病室に来て耳元で
『今晩、○○ちゃんは当直だからナースステーションに来て』
えっ?本当に?と聞くと『ちゃんと貴方の事は話してるから大丈夫』
と言われ夜までワクワクして過ごし
約束の時間に行くと婦長と彼女が奥の部屋まで迎えてくれました!
婦長は気を使ってくれて『見回り行ってくる』と二人っきりにしてくれ
その日はドキドキしながら数時間話してました。
翌朝に、婦長は『気に入ってくれた?また当直の日に呼んであげる』
と言って当直明けで帰って行きました。
それから彼女が検査と言っては病室に来てメモを渡されては
松葉杖を着きながらナースステーションに通ったものです。
さすがにナースステーションの裏ではキスが限度。
そのうち紹介されて1か月すると婦長の計らいで、
4階の個室は空いてるから使っても良いよ。と言われて
甘えて彼女と楽しい時間を過ごしました。
それから退院する2か月は個室、屋上、手術室と色々な場所で
セックスしてましたよ。
普段からナース服だしコスプレ気分。
そして以前、産婦人科も有ったらしく使わなくなった分娩室で
分娩台に彼女を寝かし足を開かせクスコでオマンコを開いて
見せてもらった後にハメタ時は今でも刺激的に記憶に残ってる。
彼女とは退院してから1年くらい付き合いましたが結局は別れちゃった。
メンテ
Re: 看護師 ( No.16 )
日時: 2008/04/18 14:29
名前: 名無しのゴンベエ

骨折して一か月入院した時に、36歳の看護婦さんにお世話になりました。
足折ったから動けないし当然一週間もしたらムラムラしていました。でも病院だし…友達がオカズの本を持ってきてくれたけど逆に見てると苛々。

そんな時にその看護婦さんにお世話になりました。おばさんだから本も隠さなかったから見られたと思うけど夜に消灯後奥のベットのおじいさんしか部屋に寝てなかったけど、看護婦さんが来て「また見てんの!」と注意されて本をしまったけど「いつも消灯過ぎても明かりついてるって言われてるわよ!」と言われ「病院だから寝るのよ!」と叱られ「寝れなくて」と言ったら「そんな本見るからよ」と言われ「だって」と言いかけても「寝なさい」と言われ電気を一旦消してしばらくしてまた電灯で見てたら、いつの間にか居た。

小声で「なにやってんのよ?寝なさい」と言われたが「寝れなくて」と言うと「悶々とするの?」と言われ頷いたら「仕方ないわねぇ…声上げないでよ」と言われると布団の中に手を入れ股間を触ってきて勃起し「いいんですか?」と聞いたら「こうしなきゃ寝ないんでしょ」と布団を開けパジャマをさげトランクスを下げてしごいて来て「元気な事」と笑うと顔を近付け「声上げないよ」と言うとゆっくり口に含まれ筋から袋まで舐め「ウッ…アッ」と声を上げるとバシッ!とお腹を叩かれ吐息だけで我慢。

ゆっくり上下にしゃぶられたと思うと激しくしゃぶられたりしごいたり袋を撫でながらしゃぶられた。
フェラでイッタ事がなかったけどその巧さに圧巻でした。看護婦さんの胸を掴んだけどまたてを払われ、連続で激しくしゃぶられると高まってしまい腰をおもわず浮かして「アッ…アアッ」と看護婦さんの口の中で射精した。

すると看護婦さんがゲホッゲホとむせて口を押さえしばらくすると「出し過ぎ」と言いティッシュで口の回りを拭き「寝なさいよ」と言い礼を言うと笑ってた。
それからその看護婦さんに夜三回位抜いて貰いました。

いつ夜勤か分からないのでいつも消灯過ぎても電気をつけて違う人の時は寝て、その看護婦さんが来た時にお願いしました。
退院して三か月以上立つけどあの激しいながらもネットリしたフェラは忘れられません。
何となくだけど塾女好きの男が理解出来たような気がします。
メンテ
Re: 看護師 ( No.17 )
日時: 2008/04/22 20:53
名前: 名無しのゴンベエ

私は車で営業の仕事をしている35歳の会社員です。先日、信号待ちで停車
中に追突され、ムチ打ちになり、2週間ほど入院が必要になりました。事故
の相手は老夫婦で単純な脇見運転で、相手の申し入れで、優雅に個室でのん
びり入院生活を送ることになりました。仕事で疲れがたまっていたので、い
い機会でしたが、個室に独りで、急に暇な時間をどうしようかと悩んでいま
した。入院した日、医師と看護士が、病室にやってきました。「私が担当し
ます山○です。」と挨拶をしてくれましたが、私はその挨拶よりも、看護士
の顔を見て固まっていました。看護士も挨拶をおえて私と目が合うと思わず
絶句していましたが、平静を装い、医師の私への症状の説明が終わるのを待
っていました。医師が病室を出ると看護婦優子が身体を震わせながらうつむ
いていました。顔を上げると青ざめた表情で、黙って私を見つめていまし
た。それもそのはずです。目の前にいる優子という看護士は私がよく行く風
俗店でいつも指名している葵と名乗っている女性その人ですから、店では夫
の給料が安いから、内緒で働いている25歳の人妻といっていましたが、年
齢は実際30歳でした。しかし人妻で旦那に内緒というのは本当でした。
その日から退屈するはずの入院生活が天国の日々になりました。個室でおま
けに担当という事もあり、入院初日から優子が食事や清拭(身体を拭く事)、
おまけにムチ打ちで動けない私の排尿の世話までしてくれました。もちろん
店では生フェラまでしかサービスしてくれませんでしたが、今は違います。すべて
を私に知られ、秘密を守りたい優子は、まさに白衣の天使、毎日、私の身体
をかならず、口と舌で清め、私の勃起したペニスをしゃぶり、自ら私の上に
またがり、自分からペニスを導きいれ、私が射精するまで、腰を動かし続け
るのです。もちろん、ゴムをつけることなど許さず、精液は口か子宮で必ず
受け止めること命じています。そんな日々を続けているうちに、優子からは
実は、お金ではなく夫とはほとんど夫婦生活が無く欲求不満と寂しさから、
風俗でバイトを始めた事を聞き出しました。当然、私は、すぐに店を辞めさ
せ、優子の身体をむさぼりした。人妻であり、現役のナースである優子の熟
れた肉体に私は、入院中身体の痛みを忘れ、昼夜を問わず、優子の夜勤の日
には、ナースコールテで部屋に呼び、優子の身体へと欲望を放ち続けました。はじめ
は口止めのため仕方なく私の言うとおりにしていた優子が10日も過ぎたあ
たりから、私の部屋に来るとみずから病室の鍵を掛け、ナース服を脱ぎ、私
のペニスにしゃぶりつくようになりました。やがて入院予定の二週間が過ぎ
ようとした頃、私もほとんど後遺症や痛みも無いくらい回復し、優子の身体
を自由に抱けるまでに回復しました。もちろん退院しても優子を手放すつも
りはなく、人妻ナースの肉体を味わうつもりでしたが、どう言う訳か一向に
医者から退院の許可がおりませんでんした。優子に不思議に思い尋ねると、
始めは言葉を濁して理由を言わなかった優子が話し始めました。「退院した
ら、貴方に捨てられるかと思ったから、先生にお願いして、貴方の退院をの
ばしてもらったの。」と私は看護婦がお願いしてそんな事が通るわけないと
思い、どうお願いしたのか言えと強い口調で尋ねました。すると優子は「ご
めんなさい。あの先生、前から私に言い寄ってたから、一度だけ身体を自由
にさせたの。」
私は優子の言葉に半ばあきれていましたが、怒っている演技をし、優子にそ
の医者とどういう風にファックしたか言えと命令しました。「先生が夜勤の
時、当直室に行き、誘惑して、始めはフェラで済ませるつもりでペニスをし
ゃぶっていると我慢できなくなった先生に無理やり押し倒され制服のままペ
ニスを突き入れられ、始めは抵抗してたが、身体が反応し始め、最後は先生
が子宮の中で射精するまで、自分も腰を動かしていたと。」私は優子の話に
多少嫉妬しましたが、それよりも興奮し、優子に私のペニスをしゃぶらせな
がら、先生とどっちがいいのかなどと言葉で優子を攻め続けました。ナース
キャップの優子が私のペニスを一心不乱にしゃぶっているのを見下ろしなが
らも、私は、優子に一生つきまとわれたらどうしようと内心怖いを思いを抱
いていました。白衣の天使ならぬ悪魔なのかもしれません。
メンテ
Re: 看護師 ( No.18 )
日時: 2008/04/28 09:33
名前: 名無しのゴンベエ


私は28歳の独身看護師です。
ある病院の病棟の看護師をしています。
まじめに働いており、おとなしいので、お嬢様と勘違いされますが、
実はいやらしく、自分でも持て余しています

仕事柄、男性の勃起したペニスを見てしまうことは、けっこうあるのですが、
その日の夜、または次の日、もやもやして、オナニーをしてしまいます。
昨日もそうでした。

18歳の若い患者さんがいて、もうすぐ退院まじか。
彼は軽い知的障害があるのですが、とても明るく、すなおな子でした。
私のことを気に入っているらしいというのは噂で聞いていましたが、普通どおり
さらりと対応していました

昨日、廊下で彼に呼び止められちょっと見てほしいところがあるといいます。おしりを指差しているけれど、何が言いたいのかちょっとわからない。そうこうしているうちに、私の袖をひっぱり誰も使っていない処置室へ誘導します

部屋には行って、「どうしたの?」と聞くと、
「おちんちん・・・・・」と言います】おちんちんが痒い。」
私は彼の気持ちがわかりました。
彼の顔からその様子をみて、なにも気付かなかったように、普通に、「じゃ、ちょっとみてみる? カーテン引くからズボンおろしてよ?」
と言って、処置室のカーテンを引きました。

入ると彼はズボンとパンツを下ろして座っています。
ペニスははちきれんばかりに大きく膨らみ、もう先の方からは透明な液がもれて
います。直径が5cm、長さは20cmくらいの大きいペニスでした
見たとき、思わず私のアソコがぴくっと動いてしまいました

彼は、可愛いコだったし、彼なりに真剣に彼の欲望を伝えてくれているので
私もそれに答えてあげたかったのですが、やはり、仕事中ですし、
またその処置室に、いつ他の看護婦やドクターが入ってくるかわからないので
理性がはたらいてしまい、勃起していることについては何も触れず、
ディスポの薄いゴム手袋をはめて、痒いと言うカリ首のところを触れました

「ここ?」 
「うん、そこ・・・・・」
赤くもなっていないし、とくに鱗屑もなく、いわゆるインキンではなさそう。
[大丈夫だよ。なんともないよ? でもあんまり辛かったら先生に診てもらってね」
「うん・・・・」
彼の顔は赤くなりすごく切ない顔をしていたのが印象的でした
[じゃ└先に戻っているね?」
ここで私は処置室を出ました

そんなことはもちろん職場では一切話さず、普通どおりに仕事を終えて
帰ってきたのですが、彼の、いつもの明るい顔と違う、欲情した男の顔と、
汁のたれたペニスが頭に焼きつき、離れません

その夜は激しく悶えながら、何度もオナニーをしてしまいました。
咥えてあげたかったな、抱きしめてあげればよかったな・・・・
どこか鍵のかかる誰も来ないような部屋で抱いてあげたかった・・・
こんなことを書いているうちに、また感じてきてしまいました。

我慢できずブラもパンティーもとって、今もオナニーしています。
アソコもぬれてぐちゅぐちゅです。
私の一番感じるのは乳首で、いま指でこすっています。
もう気が狂いそうなくらい・・・・・感じています。
メンテ

Page: 1 |

題名 スレッドをトップへソート
名前
E-Mail
URL
コメント中には上記URLと同じURLを書き込まないで下さい
パスワード (記事メンテ時に使用)
コメント

   クッキー保存